東日本・東海の通学・通勤にお得なクレジットカード

特集

2019.07.22

毎日通う学校や会社。

通うだけでお得になれば嬉しいですよね。

今回は東日本・東海の通学・通勤にスポットを当てたクレジットカードを紹介します。

JR東日本といえば、ビューカード! JR東海も!?

JR東日本グループである株式会社ビューカードのクレジットカード


ビューカードとはクレジットカードの名前ではなく、クレジットカード会社の名前です。この会社が発行しているクレジットカードは、Suica機能オートチャージ機能がついています。


具体的には、クレジットカード・Suica・定期券・JRE POINTカードが1枚に集約されているカードです。オートチャージ機能にはポイント加算も付いていますので、電車に乗るだけでお得なカードです。


JR東海もSuicaで!


JR東海ユーザーが使用しているTOICAですが、現在利用毎にポイントが付くサービスも、チャージ機能もないので、使い勝手とメリットがあまりありません。なので、Suicaを選択した方がお得と言えます。


注意


JR西日本でもSuicaは使用出来ます。そして、オートチャージ機能があるのは現在Suicaだけなので、この機能が欲しい場合はSuicaを選んだ方が良いのです。


しかし、エリア跨ぎ/区間によってはSuicaが使用出来ないという問題が出てきます。地域によって管轄のJRが異なりますので、乗車途中でJRの管轄が変わる場合、改札口でICカードを使用出来なくなります。


なので、ご自身の通学・通勤エリアや良く使用するエリアがどうなっているかご確認後カードを決めましょう。


 


ビューカードは種類があります。その中で特にオススメの3枚をご紹介します。


 


 

「ビュー・スイカ」カード

Suicaの定期券のある方は絶対この1枚に!


先程記載したように、4つの機能が1枚に集約されていて、オートチャージ機能もついているので、特典を抜きにしても、残額を気にせず改札を出入り出来るメリットがあり、オススメです。


おすすめポイント:ポイントがたまる


クレジットカードとして使用すると1,000円=5ポイント貯まり、定期券購入やチャージの度にポイント3倍です。貯まったポイントは商品交換・チャージ・JRE POINT加盟店で使用可能です。



  • 年会費=477円(税抜)

  • 紛失補償付き、Suica残額や定期券も補償されます

  • 年間利用額に応じてボーナスポイントプレセント

  • 家族間でポイントが移行出来る

「ビュー・スイカ」カード

Suica、定期券、JREPOINTカード、クレジットカードが1枚にまとまります。オートチャージ機能付きです。
ブランド
JCBJCB MastercardMastercard VISAVISA
年会費
477円(税抜)
申込資格
18歳以上(高校生不可)
追加カード
ETCカードETCカード 家族カード家族カード

ビックカメラSuicaカード

新生活、新天地で家電等購入検討の方必見!


ビックカメラとSuicaの提携クレジットカードです。Suicaにチャージをして、そのチャージでビックカメラの製品を購入すると11.5%のポイントサービスがあります。定期券がある方で、ビックカメラでのお買い物が多い方は是非ご検討を!


おすすめポイント:両方たまるポイント


クレジットカードを利用すると1000円毎にJRE POINTが5ポイントビックポイントが5ポイント貯まります。実質還元率1.0%なので高還元率です。また、双方にポイント移行が可能なので使い方に合わせてポイントを上手く使えます。



  • 初年度年会費無料(年1回の利用で次年度も無料)

  • 紛失補償付き、Suica残額や定期券も補償されます

  • ビックポイントをSuicaにチャージ可能

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラでもSuicaチャージでもポイントがたまります。
初年度年会費無料です。
ブランド
JCBJCB
年会費
477円(税抜)
申込資格
18歳以上(高校生不可)
追加カード
ETCカードETCカード

JRE CARD

駅ビル・JRE MALLでポイント活動!


JRE CARD優待店でポイント還元率3.5%です。加盟店でも1.5%なので、かなりの高還元率です。貯まったポイントは1ポイント=1円として使用可能なので、かなりの節約になります。


おすすめポイント:ポイント有効期限が自動延長


最後にポイントを利用した日より2年後の月末まで期限が延長されます。高還元率で貯めたポイントを失効せず使えます。またアプリを入れておくと加盟店にチェックインするだけでポイントが貯まるサービスもあります。



  • 初年度年会費無料

  • 年会費=477円(税抜)

  • 紛失補償付き、Suica残額や定期券も補償されます

  • アトレ利用特典

  • Suica/定期券の付帯を選択可能

東京メトロユーザーはPASMO

東京メトロで通学・通勤している方は、Suicaの方もいると思いますが、東京メトロや他私鉄が発行しているPASMOが便利です。


To Me CARD Prime PASMO


東京メトロが発行しているクレジットカードで、PASMO機能・定期券が1枚になっています。オートチャージ機能もついています。


おすすめポイント:ポイントが二重取り出来る


提携カード会社は、JCB三菱ニコスより選択が出来ます。「メトロポイントPlus」に登録すると、メトロポイントに加え、提携カード会社のポイントも貯まる仕組みになっています。また、このメトロポイントですが、定期券購入やチャージでの加算だけでなく、乗車でのポイント加算があります。



  • 初年度年会費無料

  • 年会費=2,000円(税抜)

  • 年間ショッピング利用額に応じてポイント付与

  • 定期券の付帯を選択可能

To Me CARD Prime PASMO

東京メトロのクレジットカードです。
PASMOが一体型になっていて、通学・通勤にオススメです。
ブランド
JCBJCB MastercardMastercard VISAVISA
年会費
2,000円(税別)
申込資格
18歳以上(高校生不可)
追加カード
ETCカードETCカード 家族カード家族カード

大手私鉄のクレジットカード紹介

鉄道関係のクレジットカードはまだまだあります。表にまとめましたので、通学・通勤圏内の鉄道がある場合はオススメです。鉄道会社によっては、自社のクレジットカードでないと定期券が購入出来ない場合がありますので注意が必要です。






























鉄道名 カード名
小田急電鉄 OPクレジット
京王電鉄 京王パスポートVISA
東急電鉄 TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
西武鉄道 SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
東武鉄道 東武カード